NEWSお知らせ

2月3日は節分です!

昨日、2月3日にお休みをいただいて息子の保育参加にいってきました!

omenn.jpg

節分当日ということで、鬼のお面を一緒に作成しました(^^)

そもそも節分とはどんな日かご存知ですか?

恵方巻きを食べて、豆をまくことしか知らない方も!!

昔からやっているだけだったので、どんな意味があるか調べてみました!

節分とは雑説の一つですが、「季節の変わり目」を意味しています。

季節が移り変わる「切日」を指し、「立春・立夏・立秋・立冬」

とそれぞれの前日を指すもので、1年に4回あったのです。

その中でも、厳しい冬を乗り越えた後の「立春」は1年の始まりとして特に尊ばれていたため、

次第に節分といえば春の節分のみ指すようになっていったようです。

豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、

毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、

「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

豆まきには「大豆」が使用されますが、日本では古来より穀物や果実には

「邪気を追い払う霊力」があると考えられていました。

新しい年を迎えるために、1年間の悪いものをお祓いするための

風習が豆まきなんですね。

昔から知っていたつもりでしたが、改めて知ることで

風習を大切にするこができそうです!

そういうことでふるたっちくんにもお面をつけてみましたよ!

hatohuru1.jpg

hatohuru2.jpg

ニュース一覧

このサイトは最新のブラウザでご覧ください